令和4年地価公示の結果及び動向について

スタッフ お世話になっております。PM事業部の関場です。

国交省は3月22日、令和4年1月1日時点の公示地価を公表しました。
今回は地価公示の結果及び動向についてご紹介いたします。

★令和4年公示地価の傾向

■全用途平均・住宅地・商業地のいずれも2年ぶりに上昇
■三大都市圏:全用途平均・住宅地いずれも2年ぶりに上昇
 商業地は、東京圏・名古屋圏上昇、大阪圏は横ばい
■地方四市(札幌市、仙台市、広島市及び福岡市)では、全用途平均・住宅地・商業地のいずれも上昇を継続し、上昇率が拡大
■地方四市を除くその他の地域では、全用途平均・住宅地・商業地のいずれも下落が継続しているが、下落率は縮小

令和4年3月に発表された公示地価は、住宅地や商業地を合わせた全用途の全国平均で対前年比でプラス0.6%となり、2年ぶりにプラスに転じ新型コロナウイルス感染症拡大による経済低迷からの回復が期待されます。
コロナショックからの景気回復基調にあること、低金利が引き続き続いていることなどから住宅地では住宅需要が高まり、商業地では店舗用地、マンション用地などの需要が高まっていることが回復の要因と考えられます。
しかし、一方でインバウンド需要の回復が遅れていることから、一部商業地域では以前マイナスが続いています。

今年の公示地価を見ると全国的な上昇傾向により、コロナ禍の影響は限定的だったと言えます。
しかし、訪日客の回復が見込めない状況で伸び悩む商業地域やエリアもあり、上昇と下落がまだら模様になっているのが現状です。
引き続きコロナ禍の影響が大きく反映する状況は変わらない為、今後の地価動向について注視し、常にアンテナを張っておくことが重要になるでしょう。


あわせて読みたい ⇒⇒⇒入居者が「長く住みたい」と思う賃貸住宅


いわきの不動産情報なら、いわき土地建物にお任せ下さい。
いわき市のアパート、マンション、一戸建、事務所、店舗、駐車場などを扱っております。
お気軽にお問合せ、ご来店下さい。お待ちしております。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 M&A事業始めました 幸せの青い鳥Blog ダウンロード ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.8.5