令和3年地価公示の結果及び動向について

スタッフ お世話になっております。PM事業部の関場です。
先日は、賃貸住宅セミナーにご来場いただきまして誠にありがとうございました。

国土交通省は3月23日、令和3年1月1日時点の公示地価を公表しました。
今回のオーナーズニュースは地価公示の結果及び動向についてご紹介いたします。

【令和3年公示地価の傾向】

■全国平均が6年ぶりに下落・住宅地は5年ぶりに下落・商業地は7年ぶりに下落
■三大都市圏(東京、大阪、名古屋)はいずれも8年ぶりに下落
■地方四市(札幌、仙台、広島、福岡)はすべての用途で上昇を継続したが上昇率が縮小
■地方四市を除くその他地方圏でも全用途平均・住宅地は2年ぶりに、商業地は3年ぶりに下落

令和3年公示地価の傾向


令和3年3月に発表された公示地価は、全用途の全国平均が対前年でマイナス0.5%となり2015年以来6年ぶりに下落しました。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響が大きく、外出自粛、インバウンド需要が減少した事により、ホテルや店舗の土地需要が激減し、地価を押し下げる結果となりました。
一方で、リモートワークなど在宅勤務が増えたことによって、通勤アクセスより住み心地を重視し、郊外部に移住する動きも出てきており、一部の地域で地価が上昇するといった変化もみられました。
また、地方四市が上昇を継続した理由は、再開発や各ブロックでの中心都市であり、住宅・オフィス需要が強いためと考えられます。

新型コロナウイルス感染症拡大により公示地価は全体的に減少しましたが、一部地域では上昇するなど、コロナ禍の影響が全国の地価に及んでいることが浮き彫りになりました。
今後も不透明な状況が続きそうです。地価動向について注視し常にアンテナを張っておくことが重要になるでしょう。

あわせて読みたい ⇒⇒⇒「コンセプト賃貸」~新生活様式でのニーズに応える~


各SNSも更新しています!登録をよろしくお願いします!(^^♪

■YouTubeチャンネル

■公式Instagram(IGTV)

■公式Facebook

■公式Twitter

いわきの不動産情報なら、いわき土地建物にお任せ下さい。
いわき市のアパート、マンション、一戸建、事務所、店舗、駐車場などを扱っております。
お気軽にお問合せ、ご来店下さい。お待ちしております。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 M&A事業始めました 幸せの青い鳥Blog ダウンロード ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6