新しいライフスタイル、賃貸住宅に求められるものの変化

スタッフ

お世話になっております。PM事業部の阿部です。
新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークが急速に広まりました。
事態収束後も新しいライフスタイルは全くなくなるわけではなく、一定数は今後も残っていくと考えられています。
そのため、今後変化するであろう 『賃貸住宅に求められるもの』をご紹介いたします。

在宅中でも⾶沫感染や接触感染が⼼配

■宅配BOX 設置 ・設置済みでも、個数やサイズが世帯数と合っているか確認しましょう。
■簡易BOX 提供 ・広い設置場所がない場合は、個別に簡易BOX を提供。
■⼊居前に室内除菌をする ・除菌は⽬に⾒えづらいため、効果を確認したいと考えている⼈が増加。
  →作業箇所、作業内容を提⽰、写真や数値などで実際に除菌した事が伝わるようにすると効果的。
■モニター付きインタフォンを設置 ・直接的な対⾯を避けていても、モニター上で相⼿の様⼦が分かるため、安⼼して会話が可能。

在宅勤務する機会が増え、インターネット環境が気になる

■⼊居者無料のインターネット設備を導⼊する ・利⽤者が増加すると、速度制限がかかる場合がある為、利⽤しやすい状態になっているかもよく確認しましょう。
また、みんなで使⽤する設備ですので、使⽤⽅法に関するお問い合わせや、機器の不具合、障害などが発⽣した場合、迅速に対応できるサポート体制が出来ているかどうか必ず確認しましょう。
■在宅ワーク可能な書斎、PC 部屋にリフォーム ・⾯積は⼩さくても良いので、在宅勤務がしやすいスペースを作る。
⼩スペースを利⽤したリフォームも以前より価値が上がる可能性があります。

何かあった時のために、食品や生活用品は備蓄しておきたい

■パントリー設置、リフォーム⼯事 ・キッチンパントリーは災害時の強い味⽅になります。⾮常⾷や飲料を備蓄することができるので、⾮常事態で買い物に⾏けないという場合でも、しばらくは安⼼です。
ただし、家の構造によっては設置が難しく、無理に設置することで使い勝⼿が悪く、かえって無駄なスペースになってしまうこともありますのでご注意ください。

新型コロナ感染症は私達のライフスタイルに、かつてないほどの影響を与えています。
それに伴い、賃貸住宅に対する需要・要望も変化していきます。
今後の⼊居率UP ・空室削減に向けた設備投資を⾏う際には、改めて『今の⼊居者様の⽬線』にたって検討しましょう。


いわき市の不動産に関するご相談は、株式会社いわき土地建物にお任せ下さい。
戸建て、マンション、土地、アパート、店舗、事務所、駐車場など、不動産の「売りたい」「買いたい」「貸したい」「借りたい」様々なご要望にお応えします。