朝のルーティン

スタッフ 平素より大変お世話になっております。システム部門の酒井です。
暖冬とはいっても、朝スパッと起きるのは難しい季節ですね。
起床してからの1時間を大切にすることで、その日の生産性を高め、毎日を成功へと導くといいます。
私も朝は大の苦手なので、起床してから出勤するまでの約2時間に、ルーティン(決まった手順)を作って一つ一つ実行する様にしています。

まず5時50分に起床。
布団をたたんで台所に向かい、ストーブに火をかけてヤカンの湯を沸かし、コタツのスイッチを入れて神棚と仏壇に供えてあったお水を観葉植物にあげます。
次は朝ご飯の準備。
サラダやヨーグルトを盛り付けて、ハムエッグを焼き、トーストにバターを塗ってトースターにセットするところまで行ったら、一旦台所を離れてシャツに袖を通し、ネクタイを締め、軽く身支度しておきます。
その頃にはストーブのお湯も沸いているので、神棚と仏壇にお水(冬はお湯)をお供えします。
次にトースターにセットしたパンを焼き、スープを注いで6時30分に朝ご飯を食べます。
食器を片付けて7時頃に一足早く仕事に向かう妻を見送った後は、少しのんびりします。
テレビを見たり、YouTubeを見たり、試験勉強などをして過ごして、7時40分頃に仕事に出るまでが、私の毎朝のルーティンです。

何も考えずとも次、次、次と支度が進んでいくルーティンを作ることが、忙しい毎朝に余裕をもたせるコツだと、カリスマ主婦の方が話していました。
私の目下の課題は、そのカリスマに倣って、ワンパターンな朝食に別のスピードメニューを加えることです。

先日、お菓子作りについて書きましたが、その後作ったお菓子の写真を載せておきます。
(お菓子作りは難しいですね。失敗ばかりです。)



いわきの不動産情報なら、いわき土地建物にお任せ下さい。
いわき市のアパート、マンション、一戸建、事務所、店舗、駐車場などを扱っております。
お気軽にお問合せ、ご来店下さい。お待ちしております。