~ 宅建業法改正 ~「建物状況調査」 説明義務化

スタッフ お世話になっております。PM事業部の阿部麻里です。
宅地建物取引業法の改正によって、2018年4月から、売主や買主から依頼を受けた仲介業者は、建物状況調査(以下、インスペクション)の中身を説明し、技術者を斡旋できるかどうかを告知するほか、実施した場合の情報の開示等が義務付けられます。
建物状況調査とは、建物の構造体力上の重要な部分を専門家が調査し、欠陥の有無や補修すべき箇所、その時期などを客観的に診断するというものです。
実施することのメリットや注意点について詳しく見ていきましょう。

宅建業法改正

インスペクションの実施が義務化されるわけではありませんが、今後、売却をする際に重要な要素の一つとなると考えられます。

サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6