民法改正で賃貸経営はどう変わる?

スタッフ お世話になっております。PM事業部の櫻井朱美です。
平成29年5月26日 債権関係規定(債権法)に関する改正民法が参院本会議において成立しました。
改正は約200項目に及び公布から3年以内に施行される予定です。
今回は、不動産オーナー様に関連する内容をご紹介します。

民法改正

新たな法律に則った賃貸住宅経営が求められてきます。
個々の改定項目に対する準備はもちろん、日々の適正な管理、対応も入居者とのトラブルを防ぐ重要な要素と言えます。

サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6