建物修繕・設備交換時期を把握するメリット

スタッフ お世話になっております。PM事業部の蛭田紀子です。
総務省が発表した2013年の全国の空家率は13.5%となり2023年には21%になると言われております。
オーナー様の賃貸住宅経営の大きな不安要素である『空室』を減らすために、建物と設備のメンテナンスは欠かせません。
今回は、賃貸住宅の主な修繕内容と時期についておさらいしてみましょう。

修繕内容と時期

賃貸住宅は概ね10~15年に1度、修繕工事が必要となります。
まずは、物件の過去の修繕履歴を確認し修繕計画を立ててみましょう。
足場を組む必要がある屋根と外壁工事は、同時期に行うと総額を圧縮できる可能性があります。
また修繕工事は一括で経費に算入できるため所得税を下げることができますので、計画的に工事を実施しましょう。


サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6