災害リスクから賃貸経営を守る"火災保険"について

スタッフ お世話になっております。㈱いわき土地建物PM事業部の櫻井朱美です。
先日の第62回賃貸住宅セミナーは趣向を変えた催しによってめでたく満員御礼となり、皆様から大好評を頂戴しました。
ご来場ありがとうございました。

近年、自然災害が全国で急増したことから2015年10月以降、大手損害保険会社は火災保険の「10年超の長期契約の廃止」を決定し、更に保険料を値上げする可能性が高まっています。
今回は火災保険の基礎知識と定期的な見直しについてお伝えします。

火災保険

住宅の火災保険は、借入金の返済期間に合わせた長期契約になっているケースがほとんどです。
例えば、残りの返済期間が15年で、あと20年建物保有をお考えの方は、現在契約されている火災保険を解約して残りの期間の保険料を受け取り、期間を延長した契約に乗り換えることで、一年あたりの保険料が安くなる可能性があります。