自分の「ルーツ」

スタッフ こんにちは、管理部の渡辺です。
桜の季節も過ぎ、暑くなってきました昨今です。
最近TVで「ルーツ」奴隷商人に捕まりアメリカに連れて来られた、クンタキンテの子孫7代の話が放送されていました。
という訳で、自分のルーツはどうなのかと考えましたが、5代前までしか知りません。

資料によると、嵯峨天皇(52代)の子である源融(源氏物語の主人公、光源氏のモデルと言われる)から5代目の綱が、 現在の大阪市中央区渡辺の地に居住し、渡辺綱と名乗り、渡辺の祖となりました。
渡辺綱は一条戻り橋の上で鬼の腕を切落し、老婆に成りすまし尋ねた鬼に、腕を家の煙出しから奪われたという逸話があり、渡辺の家には煙出しがありません。
その子孫は渡辺党と呼ばれ、内裏警護に従事、また水軍に関り南北朝時代に全国に分散したようです。
元寇襲来の時に活躍した九州の水軍、松浦党も同族であると記されていました。

さて、いわき市内には渡辺町、九州博多市には渡辺通りがありますが、関係はわかりません。
私の実家は屋号で「内城」と言われ、苗字より屋号で呼ばれています。
聞いた話によると、磐城七門の家と言われ、市内に七軒あると言われています。
詳しくご存知の方は教えて頂きたいと思いますので、宜しくお願いします!
自分の「ルーツ」、皆さんも調べてみては如何でしょうか?



いわきの不動産情報なら、いわき土地建物にお任せ下さい。
いわき市のアパート、マンション、一戸建、事務所、店舗、駐車場などを扱っております。
お気軽にお問合せ、ご来店下さい。お待ちしております。