入居者に長く居住してもらう工夫

まだまだ空室にお困りのオーナー様は少ないと思われますが、いわき市の外とりわけ県外では近年、空室が長期化する傾向が強まっています。
市内における当社の賃貸仲介実績を分析するに、震災特需による「物件不足」という異常事態には既に終わりが見えており、「入居者が物件を選ぶ」本来の形に戻りつつあることが解ります。

空室を埋めることはもちろん、継続して居住してもらうことが安定経営の重要な手段となります。
今回は入居者に継続して居住してもらう(更新してもらう)ポイントをまとめてみました。

入居者継続

繁忙期(引越しシーズン)が到来しました。
競合物件との家賃や設備についての比較検討、ご所有物件内の家賃格差、物件の維持管理について十分な検証を行い、効果的と思われることから1つずつ取組んでみましょう。