不採算不動産の有効活用

スタッフ お世話になっております。PM事業部の菅原和江です。
厳しい冬の季節も過ぎ、日ごと暖かさを増す日差しに春を感じる今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。
一年に一度の確定申告を迎え、所有資産ごとの収益性を把握する事が出来たと思います。
今回は各不動産の中で、収益性の悪い、もしくは収益を生まない不動産を、収益向上につなげる活用方法をご紹介します。

物件活用方法

相続税に関し、基礎控除の減額および税率の変更、取得税加算の減額など、増税が決定している中で、
収益を生まない不動産は固定資産税等、出費のみのため損でしかありません。
物件ごとに収益状況を把握し、残す資産と手放す資産を決定し、
『損をせずに利益を上げる』為にはどうすれば良いか、是非、当社にもご相談をいただければと存じます。