第46回>> 「供給過剰だからこそ」

先日、ある投資家様より依頼を受けて、いわき市以外の地域の賃貸状況を調べる作業をしました。
そうすると、どの地域でも『供給過剰』という言葉が返って来ました。
『空室が多い』=『供給過剰』という簡単な結論ですね。
先日の賃貸住宅セミナーで猪俣先生が、横須賀の物件を購入して約1,000万円をかけてリフォームをして賃料アップで満室にしたという話をされました。
誰もが見向きもしなかった物件ですが、猪俣先生は、地域の賃貸状況を調査した結果、需要があると判断したというものでした。
一般的に言われている供給過剰ですが、需要のないものを提供すれば供給過剰になるのは当たり前で、詳細な地域別・間取り・価格帯を調査してみると、地域別では、まだまだ不足している間取りや価格帯があります。
皆さんが所有されている物件で空室が多いようであれば、周辺の状況を調査して、間取りの変更とか思い切ったリフォームを検討してみるのもよろしいのではないでしょうか。
また、新築となると、賃料が高いというのが当たり前ですが、当社のハッピーマンションは、新築にしてリーズナブルな価格帯になっているのが人気の一つと言えます。
賃貸住宅は、需要と供給のバランスが大切で、ハッピーマンションは需要のあるものを提供しているということです。

≪不動産投資アドバイザー 満山 ひろみ≫

お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む
ご来店受付票にご記入の後、500円分のQUOカードプレゼント致します。