第41回>> 「フルローン不動産投資」

不動産投資ブーム全盛の時代にはやったのが、「自己資金ゼロ・フルローン」での投資です。
このご時世、減りはしましたが、現在でもまだそういった内容のご相談はあります。
担保余力があれば、出来ないことはないでしょうが、金融機関の難しい課題が4つあります。
①キャッシュフローに手をつけなくても生活できる安定収入。
  ⇒ 一般的なサラリーマンの方であれば大丈夫でしょうか。
②収支規定に収まるか
  ⇒ きちんと投資分析をして買うのであれば、大抵はクリアできます。
③担保評価内に収まるか
⇒ これは購入する物件単価で評価がでるかという点と、他に担保として差し入れられる評価がでる
    物件を持っているかという点の2つです。
④頭金規定
⇒ ここ数年、フルローン&オーバーローン破綻が目立ってきていますので、金融機関が自己防衛
    の手段として求めてくるようになった規定です。例えば、「諸費用7%+頭金10%」=合計17%の
自己資金が求められると、500万円の自己資金で2,941万円が買える物件の予算になります。
同じレバレッジをかけるにしても、やはり自己資金をある程度入れて適正に収支バランスを取っておいた方が、あとで苦労しなくて済むことが多いのは事実です。

≪不動産投資アドバイザー 満山 ひろみ≫

お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む
ご来店受付票にご記入の後、500円分のQUOカードプレゼント致します。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6