第32回>> 「厳しい審査を逆に活用する」

金融危機で大手企業の破綻のニュースが後を立たないマイナスの今だからこそ、出来ることは何か、ピンチはチャンスと言いますが、こういう時だからこそプラス思考に捉えるのも良いかも知れません。
投資には、融資が関連します。
今の経済状況では、各銀行による融資審査も当然厳しくなっており、融資がなかなか通りにくい状態です。
ですが、発想を変えてみると、このような時に厳しい銀行審査が通る案件であれば、その投資に対するリスクが分かると思います。
銀行もリスクを見て、この状況でも大丈夫だと思って融資を通す訳ですから、一案件リスクの目安としては、非常に良いのではないでしょうか。
逆に、今まで融資が通っていても、リスクが高いと判断されれば銀行の審査に落ちてしまいます。
私は、今の状況で銀行審査が通らない案件は、元々無理があるのだと思います。
感じ方は、さまざまですが、そういう見方も良いのではないでしょうか。

≪不動産投資アドバイザー 満山 ひろみ≫

50万円で今日からあなたも大家さんになってみませんか?
お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む
ご来店受付票にご記入の後、500円分のQUOカードプレゼント致します。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6