第31回>>「空いてもすぐに埋まるんです」

ここ数ヶ月間、金融不安についてお話して参りましたが、今回は、賃貸経営のお話です。
皆さんは「現在の賃貸住宅は供給過剰気味である」という言葉をよく耳にすると思います。
でも、弊社のハッピーマンションが良い例である様に、依然として特定の物件には入居希望者が殺到します。
供給過剰と言われながらも、特定の物件は根強い人気を保ち続け、新築から十数年を経ても、空室知らずの物件は多数存在します。「供給過剰」なのに「空いてもすぐに埋まる」 これは何故でしょう?
周知の通り、現在の賃貸経営は「アパートを持っているだけで収入になる時代」ではありません。
皆様の物件が、5年先、10年先にも空室の無い「勝ち組物件」である為に、常に入居者に「ここに住みたい」と思わせる物件を提供し続けなければ、満室を維持する事はできないのです。
そんな時、決まって「入居者のニーズにあわせる」というフレーズが出てきますね。
でも、入居者の希望は千差万別で、到底全てを叶えられるものではありません。
では、その「入居者」はどんな方でしょうか。
単身者?ご家族?高齢者?学生?社会人?ご家族の構成は何人?社会人なら職場はどの辺でしょう?客層が明確になれば、叶えるべきニーズも当然絞られてきます。
これは個人の限られた情報収集力では難しいかもしれません。
ですから、そういった事こそ、弊社のPM担当者に相談していただければ、きっとお役に立てる筈です。
2009年は変革の年。私共と一緒に「勝ち組」を目指して参りましょう。

≪不動産投資アドバイザー 満山 ひろみ≫

50万円で今日からあなたも大家さんになってみませんか?
お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む
ご来店受付票にご記入の後、500円分のQUOカードプレゼント致します。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6