第29回>>「成約のご報告」

連日、株価や企業の業績悪化やリストラ等のニュースが報道されており、不動産業界も破綻する大手不動産会社が後を絶ちません。
また、金融情勢においても大手金融機関では引き締めが更に厳しくなっているようです。
融資が厳しくなると、物件を購入したくても購入できない人が増えてしまいますので、不動産流通にも影響を及ぼします。
従って、売却するためには物件の価格を下げざるを得なくなります。
今後は、不良債権による売却物件も増え、価格もますます下落するのではないかと予想されます。
逆に投資家様にとっては、物件を安く購入できるチャンスです。
その良い実例になるでしょうか、早くも先日、投資家様に四倉町の中古アパートのご成約がございました。
前回もお話ししましたが、首都圏では金融の引き締めや不動産価格の下落が顕著に出ているようですが、今回の成約例にもある様に、地方では未だそのような動きはありません。
今後の地方金融動向に注目しつつ、くれぐれもタイミングを逃さない様に注意しなければなりません。
≪不動産投資アドバイザー 満山 ひろみ≫

50万円で今日からあなたも大家さんになってみませんか?
お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む
ご来店受付票にご記入の後、500円分のQUOカードプレゼント致します。
サイト内検索
ホーム 借りたい 貸したい 買いたい 売りたい 資産を増やしたい 相談したい キャンペーン情報 不動産情報誌 幸せの青い鳥Blog ダウンロード
Powered by
Movable Type 6.0.6