建てたい方へのアドバイス

土地活用を計画する上で注意しなければならない点がいくつか有ります。まず初めに税制のしくみや建築に関する制限を理解しておく必要が有ります。
まず、その土地が市街化区域なのか市街化調整区域なのか、もしくはそれ以外なのかにもよって制限が変わってきます。市街化調整区域であれば、建築に対する規制が厳しいので、建築は困難と言っていいでしょう。
また、市街化区域であっても用途地域により、建ぺい率、容積率等の制限が有りますので注意が必要です。他にも前面道路や建築協定等の条件を確認しておく必要が有ります。
税制面では更地に建物を建築することにより、土地の固定資産税や都市計画税が優遇されます。例えばアパートや賃貸マンション等の固定資産税は一定の条件を満たす事で、各戸120㎡にかかる税額が1/2になります。また、相続税においても、建物は借家権割合分の評価減を受ける等の恩恵が有ります。
建物を建てるほとんどの人が金融機関等から借入れを希望します。貸家を建てる場合であれば利回りも考えなくてはなりません。単純に利回りと言っても表面利回りから実質利回りや投資利回り等様々な形態があります。よって、どの利回りがどの様な計算方式で、どういった性質を持つかを理解した上で、有効活用する事が重要です。また、自己資金率もそうですが利回りを算出する上で、借入れの年齢制限を考慮した期間、人物、金額等も重要な検討材料となります。
以上、簡単な説明でしたが自分の土地を有効活用するために、あなたの家族構成や土地の現況をよく把握しておく事が重要です。