「地目」と「農転」

土地の購入を検討しようと、不動産会社から物件資料をもらった時や、広告などで地目という欄に気づいた方も多いと思います。
地目とは、登記簿上で、土地がどのように利用されているかを表示したものです。
その区分は、宅地、田、畑、山林、雑種地、公衆用道路など21種類になります。
建物がたっている場合、土地は宅地と表示されていますが、登記簿上と土地の利用が異なることも多く見受けられます。
市街化区域内で、現況が宅地や雑種地なのに、地目が田や畑の農地になっていることが例として多く有ります。
農地に住宅を建てる際は、農業委員会に申請、許可が必要になります。
不動産の売買では、移転と転用がともなうので、農地法5条の申請・許可になり、実際の取引では、契約時に特約として、売主負担で農地転用届を行うことを明記し、契約後に共同申請をして、決済日までに農業委員会から受理通知書をいただき、買主様にお渡しをすることになります。
また、農地とは、現に農地として耕作している土地をいい、登記簿上の地目とは関係ありません。