健全な住環境と更新のない定期建物賃貸借契約の関係

涼しい風に秋の気配を感じるこの頃です。

唐突ですが皆様は賃貸物件に入居されるに当たり、
どこにポイントをおかれますか?
また、家主様は賃貸物件を提供するに当たり、どこに神経を使われますか?
物件の築年数・設備・室内外の整備状態でしょうか?
新しい物件・古い物件・・ということも良く聞くお話です。
しかし、それは、修繕・整備等により清潔で快適に暮らしやすくできるものです。
安心して健やかに楽しく生活する為には
「環境」が大きなポイントになるのではないでしょうか?
環境というのは、いろいろな条件が重なってつくりあげられるもので、
周辺地域の環境・物件建物の環境・人間関係の環境などさまざまです。
たとえば、人に関わる環境はどうでしょう。
近くに常識のない方、マナー悪い方がいたらどうでしょうか。
近年は、常識の判断が個人個人の感覚で千差万別です。
是正を求めても聞き入れていただけないこともまれではありません。
期間の定めのある更新のない賃貸借契約は、
近隣の方々、他の入居者様より「困ったなぁ」と言われる入居者で、
何度是正を求めても改善が見られず、共同の利益に反する、
秩序を乱すと判断される場合は、再契約をせず、
その期間満了をもって契約を終了することができるのです。

少し厳しいお話のようですが、
常識のある健全に入居している方が困って窮屈な生活をしなければならず、
住環境さえも困った入居者のために悪くなっていくことは決して良いことではありません。
周辺地域の方々のご迷惑になっていることも少なくありません。
これは、これまでお客様相談窓口の担当をしていて実感することです。

生活の基盤となる「住い」です。
せっかくご縁があって当社で賃貸物件のご契約をいただいたのですから、
快適な生活「幸せ」を実感していただきたいと考えます。
その健全な住環境を守る必要があります。
また、家主様の収益の観点から賃料の遅れがちな入居者にも
同様に契約を終了することができます。
とてもシビアで厳しい契約のようですが、
期間終了・再契約の度に契約内容も再度確認できますし、
住環境維持には必要な契約です。
いろいろなリスクに対抗することのできる契約なのです。

業務経験の観点からのお話に致しました。
疑問に思うことなどがございましたら、どうぞご遠慮なくお知らせ下さい。
皆様と一緒に考えていきたいと思っています。
契約以外のことでも結構です。
皆様からの貴重なお話をお待ちしています!