第10回≫「リスクを負い、管理する」

◎投資資金の共通点
一時、不動産投資アドバイザーの満山よりバトンタッチを致しまして・・・
今回は、不動産コンサルタントの日下貴央が、お話させていただきます。
前回は不動産投資について、大別して3つのタイプをご紹介しましたが、投資をする人が100人いたとしたら、実際は100通りのやり方が存在します。
目標や方法によって、まさに千差万別となるのですが、一つだけ共通するものがあります。
それは、大なり小なり、投資者は全てその投資に対する『リスク』を背負うという事です。
株式投資、不動産投資はもちろん、自己投資ですら、投資には必ずリスクが発生するのです。
本当に限られた人や、宝くじが当たらない限り、はじめからお金持ちの人なんていません。
投資をしてお金持ちになった人は、リスクを背負い、50万円を100万円に、100万円を200万円にと、コツコツ増やしてお金持ちになるのです。
投資家と呼ばれる人達は、当然色々なリスクを背負いますので、若い時は苦労を重ね、贅沢もせずに頑張り、年を取るごとに資産も増え、リスクが減って行き、次第に楽になっていくケースが多く、早期リタイアする人も増えています。
リスクも背負わず、稼いだ給料をどんどん散財するようでは、一生お金持ちにはなれず、この不安な時代にどんな老後が待っているか想像する事は、さほど難しくありません。
リスクを背負う事は、覚悟が必要であり、最初の一歩を踏み出すまでは大変かもしれませんが、リスクを管理し、将来の設計図を描き、歩みださないと生き残れない時代になってきたのは事実です。

人生はどの様に生きようとも個人の自由ですが、考えられる時に考え、行動できる時に行動する事で、新たな道はもっと広がっていきます。
≪不動産コンサルタント 日下 貴央≫

50万円で今日からあなたも大家さんになってみませんか?
お問い合わせ・ご相談↓
お問合せフォーム
関連する他の記事を読む