不動産ミニ知識:返済比率とは?

金融機関が融資判断をする際に、返済比率という数字を用います。
これは、収入の何パーセントまで返済にあてられるのかを判断する、いわば借金返済の余裕度を計る物差しになります。
算定式は、「(毎月返済額×12+ボーナス月の上乗せ返済額×2)÷税込み年収」です。
返済比率の上限は、申込人の収入により定められていて、銀行ごとに若干の違いはあります。
参考として以下を目安に考えてください。
税込み年収300万円未満が上限25%
300万円以上500万円未満が30%
500万円以上800万円未満が35%
年収が高くなるほど、上限数字がゆるくなります。(詳しくは銀行でご確認下さい)
返済比率にこだわらず、自分にあったゆとりのある金額を借りるの大事です。