不動産ミニ知識:バリアフリー住宅とは

歳をとるにつれ、若い頃は何でもなかった階段の上り下りや少しの段差等が、厄介な障害物になってきます。
部屋の出入り口の段差をなくしたり、風呂場や階段に手すりをつけたり、車椅子が通れるよう廊下を広くしたり、住宅内階段の勾配や段差などに配慮を加えたり、高齢者等の寝室のある階には便所を設置するなど、高齢者等への配慮がされている住宅のことをバリアフリー住宅といいます。
人は必ず年をとり、少なからず家族の介護を受ける日が必ずやってきます。
家族生活と介護が両立を可能にする為、介護する人の手助けになる様な設計が望まれます。