私の経歴と抱負

前略

 今回、家主様向けセミナーのD.M資料の中へ同封させていただきました「不動産投資のご案内」 の文章の最後尾に記入しました通り、経営者トップが何を考え、何を行おうとしているのかも判らないのでは投資勧誘どころではないと考え筆をとりました。
 まず、私が何の為に不動産業という商売をしているかという事について述べてみたいと思います。その前にこの商売に行き着くまでの過程を話してみたいと思います。

 私の誕生から話した方がより理解できるのではないかと思い、そこから話したいと思いますが、S22年1 月に小川町に生まれ、戦争帰りの病弱な父とその看病のかたわら毛糸の行商で生計を立てた母に私と弟の二人の子供は育てられました。ボロ家に住んで食べるのが精一杯の貧しい生活には慣れました。しかし、子供心に母の細腕一本で4 人が食いつないでこれた事は、商売のおかげだと何となく感じていました。商売を始めるまでは、母は失対事業である夏井川の堤防の築造の仕事に出ていました。仕事の内容は昔はブルドーザー等何もなかった時なので、モッコに土を山盛り入れて一日何十回も上り下りを繰り返し、自宅に戻った時はくたくたで食事もそこそこに崩れるように眠りに入るような日々が続きました。1 回運んで何円の世界で、とにかく安かったので食べるのにも事欠く始末で、母も一時無理して体をこわして仕事を休んだのを機会に、父が結核で入院している須賀川の病院近くの毛糸屋さんと出合って商売をする決断をしたようです。

 商売も楽ではなく、昔農家で飼っていた羊の毛を自分でハサミで刈って、それを夏井川でドラム缶に入れてモノゲンと言う洗剤と一緒に足で踏んで洗うのですが、真冬はしもやけやひび割れに悩まされたようです。それだけやってドラム缶1 本分の原毛に対して、毛糸が一握りしか交換できなかったようです。そこで加工してセーターにして行商をして売る事を考えた訳です。その頃は、私も中学生で進学を決めなければならない時でした。私としては磐高に進学したかったのですが、父が病気で寝込んでいてとても高校までは進学させられないくらいの状況でした。どうしても高校には行きたかったので何とか粘ってみて条件付でOKになりました。その条件とは高校を卒業したら毛糸屋の仕事を手伝ってもらうのでその為にも平商業高校以外は駄目だという内容でした。自分としては、理工関係が好きだったので技術者(エンジニア)を志望していましたが全く望みは叶いませんでした。それでも、高校へ入れるとあって喜んで条件を受け入れました。平商業高校も3年生になると同級生のほとんどが各企業に勤務が決まるにつれ自分としても銀行に勤務したいと両親に懇願しましたが、全く聞き入れてもらえませんでした。卒業して、約束通り毛糸屋の手伝いをする事になり、産業用のメリヤス機械(家庭のセーター編機の大きい物)でセーター編みを、父が亡くなる20 歳過ぎまで2年以上朝から夜遅くまで日曜・祝日無しでぶっ通し働き通しました。休んだのは結婚式とか何かの行事位で、それ以外で休むと母から怠け者呼ばわりされ、罪悪感を感じ休める状態ではありませんでした。その頃から、私と母の考えが違うことをはっきりと見識する事ができ、父の死亡を機会にサラリーマンになる決断をしました。行商へ母と同行した時は、休日には皆遊びまわっているのを見て常にうらやましく思っていました。母は苦労したせいか、どうしてもお金にこだわります。私はお金は幸せになる為の手段であって目的ではないことを自覚してきたつもりです。母の反対を押し切って自動車会社の経理課に就職しました。まず、サラリーマンになって気付いた事は、あまりにも楽な仕事で1ヶ月間の決算の仕事を本気でやればその半分の日数でも出来そうな仕事を何人もで、しかも残業代稼ぎにわざと残業しているありさまでした。自分だけ反発して村八分にされても困ると思いしばらくは我慢していましたが、とうとう嫌気が差して努力をした分見返りが得られる車のセールスの仕事の方に転換してしまいました。セールスの方は報奨金制度があったのでそれなりにやりがいがありました。又、この時期に上手い儲け話にまんまとひっかかって大ヤケドをした事がありました。結局、自分の心に緩みがあった訳です。
そこで心を入れ替えて、サラリーマンになって気付いた歯車の一部で一生を終わりたくない考えから将来の独立を考えました。いろいろ考えた結果、資本金がほとんどなくてもできる商売で誰でも簡単に真似の出来ない商売を職業別電話帳の全業種を1 件1 件検討していった結果、不動産仲介業に行きついた訳です。不動産仲介業は、ご存知のように最低限の資本金で大きな利益を得るチャンスが有るのと、宅建の資格が必要という事が判った訳です。そこで車のセールスから不動産の営業に入り、最初の年に宅建を取得しました。その後不動産の仕事を覚え、S59 年12 月(37 才時)に独立しました。事務所はカタクラ(現在のサティ)の前の近内行政事務所の2Fを借りました。開業時は、とにかくお金がなかったので、貸家の看板を上げるのに河原で流れ着いた板切れと棒で立て看板を作ってカレンダーの裏側の白い部分にマジックで記入して雨で濡れないように、透明なゴミ袋をかぶせました。1 年近く1 人でお茶出しからトイレ掃除他営業までやっていて仕事がとうとう間に合わなくなってきて1 人事務員さんをパートで雇い入れました。その後順調に毎年事務員さんを増やしていって気が付いたら現在のパートを中心に50 名以上の大所帯になっていたという訳です。会社の実績も過去18 年間一度の赤字もなく順調に右肩上がりに推移してきて去年と今年は、2 年続けて法人所得番付に載る結果となりました。しかしながら、これまでになれたのも1人1人の家主様を始め皆様のおかげだと思っています。

以上については、現在までの経過を述べてきましたが、ここからは将来の私の想いを述べてみたいと思います。まず、私が何故商売をしているのかという前述したように、より幸せな生活をする為の手段としてお金が欲しいからです。又、そのお金は世の為、人の為になってその見返りでなければなりません。お金だけが目的だとしたら現在テレビ新聞で盗聴事件で話題になっている武富士と同じような事をすれば全国一の長者番付に載るかも知れません。

 しかし、このような事件を起こし果して本人は幸せでしょうか。一生に一度の人生です。人に感謝されつつ人生を終えて、死んだ後も「あの人のおかげで今の幸せがあるのだ」と言われるような人生を送りたいと思います。後継者の佐藤部長とも酒を飲んだ時は良く話をするのですが、とにかく見返りを求めないで幸せをどんどん提供すれば自然と向こうから幸せがやってくるものだとお互い実感しています。要するに、お客様の見返りであるお金の価値以上の満足したサービスを提供して上げる事ができれば良い訳です。
つまり満足したサービスが提供できなければその見返りであるお金はもらえないか、もらえてもわずかという事になってしまいます。我々の給料はお客様よりいただいているので期待通りいただけないと非常に困ってしまう訳です。この事を考えると、お客様は神様的存在、つまり顧客第一主義に徹しなければならないと強く感じます。それからしてまず、お客様の幸せを見届けてから我々の幸せが訪れるのが本筋ではないかと思います。又、私の今後の抱負(経営理念及びビジョン)は、賃貸の客付力地域No1は勿論の事、国民の大切な資産である不動産を通して、より有効活用の提案及び節税に関するまで総合的な不動産コンサルティング事業を拡大したいと思います。その為にも、勉強を欠かす事はできません。間違っても、当社の提案した事業で家主様を破綻に追い込むような事は、絶対にあってはならないと考えます。
現実的には、家主様へ各業者が寄ってたかって食い物にするケースは今でも後を絶ちません。今後、新築後10 年を経過した20~30 年賃料保障の物件等は、他人事ながら社会問題まで発展しないかと心配でなりません。詳しくは今回ご紹介させていただいた書籍「アパート・マンション経営塾」をご覧になってみて下さい。次に、これらの事業とは別に関連事業として、不動産投資事業部門を立ち上げ、国民総資産1,380兆円の中でも、大きな位置を占める現・預金について、超低金利にあえいでいる投資家の資金を直接金融等の手法により、最大限の運用を計れるよう勉強を積み重ねていきたいと思います。

 以上、主な今後の事業計画案を述べましたが、現在私の後継者である佐藤部長の方に10年計画で65 歳を目標に事業承継を進めています。その後は、完全に安心して会社運営ができるか確認するまで会長職にとどまり、見届けてから完全に引退したいと考えています。又、引退後の身の振り方についてですが、今までの不動産の知識をこのままにするのはもったいないので例えば、不動産困りごと無料相談所等のボランティアを楽しみながらお茶のみ気分でやるとかも考えていきたいと思っています。
又、今まで世界中を旅してきましたが、現在でも後進国のネパールあたりでは前述の私の母が50 年前に行っていた失対事業の土運びを20才位の若い女性が行っている国もあります。ここでは、土でなくて川底からモッコに目いっぱいの石を道路脇までかつぎ上げ、カナズチで割って砕石にして売っています。1日目いっぱいやっても50円とか70円とか聞きました。私も引退後は1年間の半分は海外の生活をする予定なので、このような困っている人々に少しでも手を差し伸べる方法が無いかと今から考えています。最後に私の子供2 人には私が死んでも財産は残さない旨、すでに10 年前に言い伝えてあります。理由は「子孫に美田を残すな」の例え通りです。余計な財産は人間に考える力を無くし、自分で糧を求めるというハングリー精神まで無くし、働く意欲にも影響します。

 一般的な財産家の2代目の中にはその傾向がうかがい知る事が出来るかと思います。親の愛情表現にもこのような方法があっても良いものと思っています。又、私には贅沢というものが肌に合わず、質素な生活に満足しています。現在土地65坪、建物26坪、築30年のボロ家に住んでいて健康の為に粗食に徹しています。その分今後できる限りお世話になった家主様及び入居者の方々へ少しずつでもご恩返しできればと思っています。以上、長々と思いついたまま述べてきましたが、私を始め従業員が幸せになる為には、家主様を始めお客様が必要です。まずお客様に幸せになってもらう必要がある訳です。

 最後に、私の信条として特に誠実・感謝・勉強・健康を挙げたいと思います。
 今後どれだけ家主様及び入居者の為にお役に立てるか判りませんが、精一杯努力させていただく覚悟ですので、今後とも末永いお付き合いの程お願い申し上げます。

 草々

平成16年1月1日 代表取締役 吉田 弘志